初期脱毛

薄毛・白髪の対処法

発毛医薬品を使用したAGA治療を行った際に1~2か月ほど抜け毛が増える

初期脱毛

初期脱毛とは発毛医薬品を使用したAGA治療を行った際に1~2か月ほど抜け毛が増える現象のことで、不健康な髪が多いほど抜け毛が多くなる特徴があります。これは新毛生成が起こるために発生するもので、痩せて弱った毛根がたくましい髪を生成するための工程で必ず発生します。毛母細胞が急激に活発化すると、休止期に入っていた髪の毛は、通常より早く成長期に入っていきます。そのため、もともと生えていた古い髪の毛が、成長してきた新しい髪の毛に押し出されることで、弱い休止期の髪が大半となる状態から正常のヘアサイクルを元に戻すための働きです。大抵のインターネット記事には、「初期脱毛は通常のAGA治療では発生するがキャピキシルには初期脱毛がない」などと書かれていることが多いのですが、初期脱毛には個人差があります。初期脱毛により今ある髪が抜け落ちてしまうことで、悲壮感と焦燥感から育毛ケアの継続を諦めてしまう方もいますが、不健康な髪を抜けさせてヘアサイクルを適正化させるという改善への初動効果でもありますので、毛根活性経過を示している証拠として認識することが大切です。育毛剤は継続しないと効果が現れません。途中でやめてしまうと、今までの努力が無駄になってしまいます。

そもそも育毛ケアはとても根気が必要

キャピキシルに限らず、一般的な育毛剤や発毛医薬品にしても「使った瞬間に目に見えて効果が出た」というケースはとても難しいです。育毛剤の効果が期待できるようになる期間として、平均的に約3~6か月と言われています。効果が期待できなかったと言っていた方々のほとんどが1~2か月で使用をやめている場合が多いです。個人差もあるので、中にはすぐに効果がでたという方もいらっしゃいますが、自分には効果がないとすぐあきらめる前に、もう少し根気強く使用してみることが育毛ケアにとって一番大切なことなのです。AGA治療薬は効果が高いほど初期脱毛のリスクは高まります。症状がではじめて約1カ月間は、「強い毛が生えてくる」ことをイメージして、乗り切りましょう!

-薄毛・白髪の対処法
-

Copyright© おさの毛髪対策室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.