薄毛・白髪の原因

脱毛の 5大原因・誘因

①遺伝的要素

最初の毛母細胞は、母親の胎内で、髪の色やその寿命など、毛髪に関する親の遺伝子を全部受け継いででき、細胞分裂を繰り返し、毛髪が作られます。親から受け継いだハゲの遺伝子因子(図の赤い X)は、男性も女性も平等に遺伝します。女性の場合は、男性のような症状ではなく、薄毛の状態になってきます。薄毛・ハゲの人の脱毛部の頭皮温度は、側頭部や後頭部より、1~3度低く血流が悪くなっています。

②食生活のアンバランス

一般的に髪の毛にとってよい食べ方とは、生活習慣病の予防食と同じということが言えます。

③精神的なアンバランス

イライラや心配事が多いと、ストレスにより皮脂腺の働きが活発になり、皮脂の分泌が増加したり(脂漏性脱毛)、自律神経が正常に作用しなくなると、ストレスに対抗するために、カテコラミンという物質が分泌され、血管が収縮しやすくなり脱毛がふえます。

➃健康上の問題

胃腸の消化吸収をよくしておくことが大切です。また、肩こりは結果的に頭皮への血行を悪くするので、マッサージなどでほぐしておきましょう。

⑤間違った手入れ

パーマも毛染めもなるべく地肌につけないようにし、終わったらよくすすぐ必要があります。ヘアートリートメントなどによるアフターケアも大切です。

 

-薄毛・白髪の原因
-

Copyright© おさの毛髪対策室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.